公共の安全のための計画停電(Public Safety Power Shutoff(PSPS))の前、最中、後のサポート


医療リソースのアイコン お客様の地域で公共の安全のための計画停電(Public Safety Power Shutoff(PSPS))が予定されている場合に、障碍者および高齢者向けの電力継続、交通手段、食料の補充、およびその他のサポートを探します。


Support and Resource by County:郡ごとのサポートおよびリソース(Support and Resource by County)を表示することにより、お近くの第三者のリソースおよびサポートを探すことができます。

さまざまな言語で利用できるこれらのリソースは、あなた、またはあなたが信頼する人がPSPSの準備を行う際に役立ちます。PSPSのリソース、緊急時準備ガイド、Medical Baseline Programの印刷対応申込書などがあります。

連絡先情報を更新する

連絡先情報を更新する

可能な場合、電気供給サービスに影響を与える停電について、事前にお客様に通知をお送りします。これには、公共の安全のために予防的に停電にする必要の可能性が含まれます。オンラインアカウントで、お客様のEメール、電話番号、言語の設定、および郵送先住所が最新であることを確認してください。


PSPSアラートの言語設定を更新するには、ステップバイステップガイド(PDF、303 KB)に従ってください。


連絡先情報を今すぐ更新してください
一般の通知

PG&Eアカウント未登録者向けの住所のPSPSのアラート

住所のアカウント登録者でない場合でも、地域でPSPSについて発表があったときに通知を受信することができます。山火事を防ぐために電力供給を停止する必要がある際に、PG&Eからお電話またはテキストで通知をお送りします。ご注意:アカウント登録者は、自動的に住所のPSPSのアラートを受信します。


住所のアラートの詳細はこちら
レポートのアイコン





翻訳サポート

お客様またはお客様の知っている誰かがPSPSについて理解して準備するために翻訳サポートを必要としている場合、以下に記載の言語リソースおよびパートナーシップを利用できます。追加サポートは、250を超える言語で利用できます。詳細については、1-866-743-6589までお問い合わせください。


大きな活字での印刷、Braille、音声など、代替形式の詳細については、PG&E(CIACMC@pge.com)までEメールでリクエストをお寄せください。その際は、お客様の名前、郵送先住所、および電話番号を明記してください。

CA Foundation for Independent Living Centers (ASL)

CA Foundation for Independent Living Centers (ASL)

1OF1
医療支援

Medical Baseline Program

メディカルベースラインプログラム(Medical Baseline Program(Medical Baseline Allowance))は、電力を必要とする特定の医療ニーズを持つ住宅用利用者のための支援プログラムです。プログラムの内容:

  • 料金レートの最低料金で、毎月の割り当分のエネルギーを追加供給。
  • PSPSの前の特別通知。追加の電話連絡や訪問などが含まれます。

Medical Baseline Programの対象要件を満たしているかをご確認ください

今すぐお申込みください
お客様のグループ

Vulnerable Customer Status

お客様またはご自宅に常住する方が重病または重症にかかっておられ、サービスが停止されることで生命が脅かされる可能性がある場合は、対象となるお客様として自己証明することができます。対象となるお客様として自己証明しているお客様には、PSPSの前に特別通知が送られることがあります。これには追加の電話連絡や訪問などが含まれています。


Vulnerable Customer Statusを証明する
CAREおよびFERA

カルフォルニア州エネルギー代替料金(California Alternative Rates for Energy(CARE))および家族電気料金支援(Family Electric Rate Assistance(FERA))プログラム

収入が要件を満たしている世帯は、CAREおよびFERAのプログラムにより、毎月のエネルギー料金の割引を受けることができます。


CAREまたはFERAの対象要件をご覧ください
一般的な検証のアイコン





Disability Disaster Access & Resources

障碍者災害アクセス&リソースプログラム(Disability Disaster Access & Resources(DDAR)Program)は、PG&Eとカリフォルニア財団自立生活センター(California Foundation for Independent Living Centers(CFILC))との協力プログラムです。このプログラムでは、電気医療機器を使用する条件を満たすお客様への停電の影響を軽減します。登録者には、DDARの受け取りの資格があります。病状の中でも、自立生活を送るために電気を必要とする、障碍および慢性的な病状のあるお客様が対象となります。


Disability Disaster Access & Resources Programを通じて、CFILCはPSPS中に医療または自立生活のニーズのために電力を必要とするお客様に追加の支援を提供します。資格を満たす参加者は、PSPSイベント中に、バックアップポータブルバッテリーや、食費支給、交通手段、ホテル宿泊などのリソースを利用できます。助成金、所有目的リース(lease-to-own)、または貸付ローン申し込みを通じてポータブルバッテリーを取得できます。


Disability Disaster Access & Resources Centerとの調整には時間がかかるため、PSPSイベントの前に最寄りのセンターに連絡することをお勧めします。これらのセンターは緊急時の支援を提供できますが、24時間年中無休の営業ではありません。通常の営業時間は、月曜日~金曜日の午前8:30~午後4:00です。命にかかわる緊急事態が発生した場合は、911にダイヤルしてください。


DDAR Centerは、緊急時の計画や教育、およびメディカルベースラインプログラム(Medical Baseline Program)の登録支援により、こうしたPSPSの準備も支援します。これらの災害計画リソースにアクセスするには、CFILCのサイトにアクセスしてください。

節電のアイコン

Portable Battery Program

PG&Eのポータブルバッテリープログラム(Portable Battery Program(PBP))では、医療機器を使用するお客様へのPSPSの影響を軽減するために、バックアップバッテリーを提供します。プログラムパートナーは、電話またはEメールで評価を行うために、対象となるお客様にご連絡します。この評価では、お客様と、お客様のニーズに最適のバッテリーを一致させるために、お客様の緊急準備計画と医療機器情報を調査します。


対象要件には以下が含まれます。


  • メディカルベースラインプログラム(Medical Baseline Program)に登録している。
  • 2020年以降、このCPUC火災脅威マップで定義されているHigh Fire-Threat Districts (HFTD)に居住している、または2回以上のPSPSが発生している場合。

追加の対象要件には、生命を維持するために電気で動作する医療機器への依存が含まれます。


Portable Battery Programファクトシート(PDF、190 KB)をダウンロードしてください。

Portable Battery Programの対象要件を満たさないものの、医療または自立生活のニーズのために電力を必要とするお客様は、上記Disability Disaster Access & Resources Programのリソースをご覧ください。

請求リベートのアイコン





発電機およびバッテリーリベートプログラム(Generator and Battery Rebate Program)の拡張

PG&Eは、対象となるお客様に、停電に備えて発電機またはバッテリーの購入のリベートを提供しています。次の要件のすべてを満たすお客様が対象です。


✔ アクティブなPG&Eアカウントを持っている。
✔ ティア2またはティア3の火災の危険性が高い地区(High Fire-Threat District)地域にお住まいである。
✔ 次の条件のいずれかを満たす。


    • 水のニーズのために井戸水揚水に頼っている(すなわち、ご利用先住所がCA水道局マップに含まれていない)。
    • メディカルベースラインプログラム(Medical Baseline Program)のお客様であるがポータブルバッテリープログラム(Portable Battery Program)の対象ではない。
    • PG&Eの対象製品/サービスリスト(XLSX、51 KB)に記載されている製品/サービスの小/極小規模の非クリティカルケアエッセンシャル企業(青果店、コンビニエンスストア、獣医、歯科医院、緊急医療クリニック、トレーラーハウス駐車場所有者など)である。

このプログラムを通じて、製品/サービスの小売価格に基づき、すべての対象となるお客様に$300~$1,000のリベートを提供します。PG&EのCAREまたはFERAプログラムに登録しているお客様は、リベート金額合計(適用レベルの金額を含みます)が、対象となる製品/サービスの購入価格を超えない場合に限り、追加で$200を受け取ることができます。


Generator and Battery Rebate Programの詳細はこちら
電源タップのアイコン





機器充電、Wi-Fi、その他のサポート

PG&Eは、PSPSによって影響を受ける地域に、コミュニティリソースセンターを設置しています。すべてのコミュニティリソースセンターは、COVID-19を予防するための州および郡のガイドラインに従っています。センターでは、ADA対応トイレおよび手洗い所、医療機器充電、機器充電、Wi-Fi、ボトル入り飲料水、および軽食を提供しています。屋内のセンターでは、エアコンまたは暖房器具、椅子、および氷も用意しています。

郡ごとのサポートサービス


お客様のお近くで利用できる第三者(PG&E以外)の食料品、交通手段、およびホテルのリソースを見つけます。

フードバンク

PSPSイベントによって食料の不足が発生した場合は、お客様の郡のフードバンクに登録すると、PSPS停電時およびその後の3日間にわたって、食料品がお客様の家庭に提供されます。

障碍者と高齢者向けのMeals on Wheels

ミールズオンホイールズ(Meals on Wheels)は、在宅の高齢者のために、ご自宅に栄養価の高いお食事をお届けします。PSPSイベントによって影響を受ける郡にお住まいで、Meals on Wheelsプログラムに既に登録している場合は、PSPSイベント時に各日にもう1日分の食事が届けられます。


対象は、60歳以上の人(または60歳以上の人の配偶者)、低栄養状態になる可能性のある人、およびMeals on Wheels Centerに食事を受け取りに来られない人です。対象要件については、地域のMeals on Wheelsまで今すぐお問い合わせください。

Disability Disaster Access & Resources(DDAR)

California Foundation for Independent Living Centersは、PG&Eと協力し、障碍者災害アクセス&リソース(Disability Disaster Access & Resources(DDAR))プログラムを管理しています。DDARは、PSPSイベント中に、医療または自立生活のニーズのために電力が必要なお客様にリソースを提供します。


DDARプログラムは、申し込みをした方々のリソース受け取り資格を判断します。病状の中でも、自立生活を送るために電気を必要とする、障碍および慢性的な病状のあるお客様が対象となります。プログラムを通じて提供されるリソースには、バックアップバッテリー、宿泊施設、交通手段、食料バウチャー(クーポン)が含まれます。


お客様は、disabilitydisasteraccess.orgで直接申請するか、お客様の郡にサービスを提供しているDisability Disaster Access & Resources Centerに連絡することができます。

211







211まで電話またはテキストご連絡ください(1日24時間ご連絡可能)

緊急の必要性のある間、サポートを受けたり、リソースにアクセスしたりできます。これには公共の安全のための計画停電(Public Safety Power Shutoff(PSPS))が含まれます。この無料の専用の電話およびテキストのサービスは、Californiaの居住者については、年中無休でご利用になれます。詳細については、211.orgにアクセスするか、211まで電話でお問い合わせください。