English     español     中文      tiếng việt     Tagalog      한국어     русский язык     Hmoob     عربي     ਪੰਜਾਬੀ     فارسی     日本語     ខ្មែរ     ไทย     Português     हिंदी

公共安全停電(PSPS)中にサポートとサービスを受ける


211までお電話するか、テキストを送って下さい(24時間受付)



お住いの地域で公共安全停電(PSPS)が実施される場合、障がいのある方や高齢者の方が利用可能な医療、避難所、食料、その他のサポートにアクセスしてください。


211 211に電話するか、211211まで「PSPS」とテキストを送信してください(24時間年中無休)。PG&Eと提携しているこの無料サービスは、PSPS停電中や、自然災害その他の緊急時に、地域の健康・社会福祉サービスを見つけるのに役立ちます。英語、スペイン語、広東語、北京語、および約200か国語の通訳サービスのサポートを利用できます。


PSPS警報を受信できるか、ご確認下さい


お客様のサービスに影響を与える事象に関しては、皆様の安全の為に予め電源を遮断する可能性を含めて、可能な限り事前にお知らせ致します。お客様の最新のメールアドレス、電話番号、言語設定、郵送先がオンラインアカウントに載っていることをご確認下さい。連絡先情報を今すぐ更新してください


PG&Eアカウントをお持ちでない方へのPSPS住所別アラート


山火事を防ぐために電源遮断が必要になる可能性がある場合、PG&E から電話で連絡を受けます。 詳細はこちら


デバイスの充電、Wi-Fi、その他のサポート


PG&Eは、停電の影響を受けた地域で PG&Eは、停電の影響を受けた地域で、コミュニティリソースセンターを開設致します。 すべてのコミュニティリソースセンターは、COVID-19から自己を守るために州および郡のガイドラインに従っています。これらのセンターでは、ADA準拠(バリアフリー)の洗面所及び手洗いステーション、医療機器充電、デバイス充電、Wi-Fi、ボトル入り飲料水及び軽食をご提供しております。屋内センターには、エアコンまたは暖房、座席、氷も備わっています。

医療/自立生活のニーズを電力に依存している場合


医療ベースラインプログラム


メディカルベースラインプログラムは、特定の病状について電力に依存している住宅用顧客をサポートします。プログラムには、2種類の援助があります:

  • 月々の光熱費が割引になります(最低料金で、より多くの電力を使用できます)。
  • 担当者がお電話したり、ドアをノックしてお知らせする等、PSPS停電前に追加でお知らせ。

メディカルベースラインプログラムの資格があるかどうかを確認するには

今すぐ申し込む

Portable Battery Program


PG&EのPortable Battery Program(PBP)では、以下の基準を満たす対象のお客様にバックアップ用ポータブルバッテリーを無料で提供します。


追加の対象要件には、生命を維持するために電気で動作する医療機器への依存が含まれます。PG&Eでは、コミュニティベースの組織(CBO)と協力し、このプログラムの対象となる可能性があり、2020年にバッテリーを受け取っていないお客様を特定しました。対象となるお客様には、PG&Eからレターが届き、CBOから直接支援されます。


CBOは、対象要件を満たすすべてのお客様に最初の支援を行い、緊急時の準備について話し合って、調査によりニーズを評価しています。CBOは、調査結果に基づいて、どのお客様がバッテリーを受け取る対象となるかを判断します。次に、CBOは、これらの対象となるお客様の自宅にバッテリーを配送してセットアップを行い、設備を安全に操作および保守する方法を伝えます。バッテリーは、2021年6月から12月の間に配送されます。


2020年にバッテリーを受け取ったお客様は、バッテリーを充電して緊急時の計画を見直す必要があります。バッテリーについて質問がある場合は、以下のリストにあるカウンティにサービスを提供しているCBOに問い合わせることができます。

California Foundation for Independent Living Centers


PG&Eとの連携により、California Foundation for Independent Living CentersはDisability Disaster Access & Resources(DDAR)プログラムを管理し、PSPSイベント中に電源を必要とする特定の医療ニーズをお持ちのお客様にリソースを提供します。


DDARプログラムは、申し込みをした方々のリソース受け取り資格を判断します。自立生活を送るために電気を必要とする障碍および慢性的な病状のあるお客様が対象となります。プログラムを通じて提供されるリソースには、バックアップバッテリー、宿泊施設、交通手段、食料バウチャー(クーポン)が含まれます。


お客様は、disabilitydisasteraccess.orgで直接申請するか、お客様のカウンティにサービスを提供しているDisability Disaster Access & Resources Centerに連絡することができます。


Disability Disaster Access & Resources Centerとの調整には時間がかかるため、PSPSイベントの前に最寄りのセンターに連絡することをお勧めします。これらのセンターは緊急時の支援を提供できますが、24時間年中無休の営業ではありません。通常の営業時間は従来どおり、月曜日~金曜日の午前8:30~午後4:00です。


命にかかわる緊急事態が発生した場合は、9-1-1にダイヤルしてください。


この組織は、緊急時の計画や教育、およびMedical Baselineプログラムの登録支援により、こうしたPSPSイベントの準備も支援します。これらの災害計画リソースにアクセスするには、California Foundation for Independent Living CentersのDisability Disaster Access & Resourcesをご覧ください。

財政援助が必要な場合


カリフォルニア州の代替エネルギー料金(CARE)および家族電気料金援助(FERA)


収入が基準に合致する世帯は、CARE及びFERAプログラムを利用して、光熱費の月額割引が受けられます。


CAREまたはFERAプログラムの資格があるかどうかを確認してください


食品代替リソース


PSPS停電が原因で食料品の損失が派生した場合、ご参加のフードバンクが、お住いの郡でPSPSが実施されている最中と電力復旧後の3日間、ご家族に食料品を提供します。

障がいのある方、又は高齢者の場合


ミールズ・オン・ホイールズ


ミールズ・オン・ホイールズは、外出できない高齢者のご自宅まで、栄養価の高いお食事を配達します。PSPS停電の影響を受ける地域にお住まいで、既にミールズ・オン・ホイールズのプログラムに参加している場合は、PSPS停電のある日には、1日あたり1食分追加のお食事が届けられます。


このサービスに該当するには、60歳以上(又は60歳以上の配偶者を持つ方)であり、栄養失調のリスクがあって、ミールズ・オン・ホイールズセンターに出向くことができない、ということが条件です。サービスに該当するかどうか確認するには、今すぐお近くのミールズ・オン・ホイールズにご連絡下さい。

言語サポートが必要な場合


お客様及びお客様がご存知の方がPSPS停電をご理解いただき、準備を整えるにあたって助けが必要な場合は、以下に記載されています言語リソース及びパートナーシップがサポートとしてご利用いただけます。追加のサポートは200以上の言語で利用できます。詳細は1-866-743-6589 にご連絡ください。

大活字、展示、音声等の代替形式の情報を得るには、PG&E宛に、CIACMC@pge.comのメールボックスから、お客様のお名前、郵送先ご住所、お電話番号を含めて電子メールでご要請下さい。

山火事の安全に関するリソース


さまざまな言語で利用できるWildfire Safety Toolkitを使用して、PSPSイベントの準備にご自身や愛する方々を支援してください。このツールキットには、ファクトシートや医療用ベースラインプログラムの印刷可能なアプリケーションなど、公共安全電源遮断の準備に役立つリソースが含まれています。