PSPSの実施理由


カリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州、および西部の他の州では、引き続き山火事のリスクが上昇し、山火事の季節が長引く状況にあります。乾燥状態および強風によって樹木や飛来物が電線に接触し、設備に損傷を起こし、山火事が発生することがあります。山火事を防ぐために、悪天候の際は電力供給を停止する必要がある場合があります。これは、公共の安全のための計画停電(Public Safety Power Shutoff(PSPS))と呼ばれます。



PSPS実施決定方法


個々の天気状況は異なるため、停電を行う必要があるか決定する際はいくつかの要因を慎重に確認して判断します。これらの要因には次のものが含まれます。


湿度湿度が低い
湿度が低く、一般的に30%以下





強風強風
強風予報(20 mph以上)および突風(30~40 mph以上)





燃料の状態燃料の状態
地上の乾燥した物質や電線付近の植物の状態





警報Red Flag Warning(赤旗警報)
アメリカ国立気象局が発表するRed Flag Warning(赤旗警報)





観察観察
地上の状態のリアルタイム観察
当社の意思決定プロセスは、PSPSが必要かどうかを決定する際に、電線にぶつかりそうな高い木があるかどうかも判断できるように進化しています。






お住まいの地域の気象および停電に関する情報


お客様の安全確保および情報入手を支援するために、当社ではPSPSおよびその影響を監視するための以下のツールを開発しました。

7日間のPSPS予測マップ

7日間のPSPS予測マップ

PSPSまでの7日間の予報を含むライブの気象情報を入手してください。

現在の気象マップ

現在の気象マップ

現在の気象状況を、湿度、降水量、温度、風速、突風、Red Flag Warnings (森林火災警報)などと共に表示します。

停電マップ

停電マップ

停電の報告、エリア別現在の停電の表示、住所別の停電情報検索ができます。


停電の報告と、現在の停電を表示するには、停電マップをご覧ください

General announcement

リアルタイムの更新

PSPSの現在の情報を確認し、お客様への影響の詳細を入手してください。

リスクの高いエリア

 

カリフォルニア州公益事業委員会は、森林火災のリスクに従って地域を分類しています。従来、風が強く、植生が乾燥している地域は、一般的にハイリスク層 (Tier) になります。森林火災リスクが「高い」(Tier 2)または「非常に高い」(Tier 3) エリアに電線がある住宅および会社は、PSPSの影響を受ける可能性が高くなります。電線の一部が火災条件の影響を受ける場合、その電線全体を遮断しなければならない可能性があります。

 

お客様が火災の危険性が高くない地域や強風が発生していない地域にお住まい、または勤務されている場合でも、その地域の電力が、異常気象が発生している地域を通る電線によって送電されている場合は、電力供給を停止する可能性があります。

Related links

PSPSの改善

システムをより安全で弾力性のあるものにするための当社の日々の取り組みをご覧ください。また、お客様と地域社会のためのPSPSの改善方法もご覧ください。

PSPSサポート

PSPSの前中後のためのリソースをご覧ください。