アラート:エネルギーサービス停止は今年復旧とはなりません。2020年3月にCalifornia Public Utilities Commission(CPUC)によって導入された料金未払いによる停止の猶予は正式に終了していますが、料金未払いによるPG&Eのサービス停止は2021年に復旧とはなりません。

さまざまなオプションがあります

新型コロナウイルス感染症の影響で多くのカリフォルニア州住民が経済的に困窮しています。 地元のサービスプロバイダーとして、PG&Eはこのようなお客様を支援いたします。 資金援助プログラムは現在未納の利用料金を支払うための解決策や、今後の利用料金を節約できる追加のサポートプログラムを提供しています。


場合によっては、一度に複数のプログラムに申し込むことも可能です。今すぐ申請または登録してください。夏まで待つ必要はありません。

PG&Eの新型コロナウイルス感染症対策支払猶予制度


対象となるPG&Eのお客様は自動的に、弊社の新型コロナウイルス感染症対策支払猶予制度の対象となります。対象となる場合は、この制度を利用することで、残額を時間をかけて返済することができます。この制度は、2021年9月30日にサービス停止の猶予期間が終了した後も、サービス停止を回避するのにも役立ちます。ただし、月々の賦払金と請求額をお支払いいただくことが条件となります。


本制度の内容:


住宅用のお客様:

  • 24か月にわたってお客様の適格な合計未払残高を返済することができます。
  • この支払猶予制度の月々の賦払金(未払残高を24か月で等分した金額)は、お客様の当月の請求合計とともにお支払いいただきます。 
  • 当月の請求合計はPG&E請求書の1ページに記載されています。
  • 賦払金のお支払いが3回以上滞った場合、本制度の資格が無効となります。

小規模非住宅用のお客様:

  • 月々の賦払金の額は、過去24か月の平均請求額の10%未満を目安に計算されます。
  • この支払猶予制度の月単位の賦払金を、当月の請求合計とともにお支払いいただきます。
  • 当月の請求合計はPG&E請求書の1ページに記載されています。
  • 12か月の期間で賦払金のお支払いが2回以上滞った場合、本制度の資格が無効となります。

条件不利地域の小規模非住宅用のお客様:
賦払金は、過去24か月の平均請求金額の5%未満となります。ご注意:条件不利地域とは、カリフォルニア州公共事業委員会(California Public Utilities Commission(CPUC))により、公衆衛生、生活の質、経済的機会の向上のために最も投資が必要と認識されている特定の地域を指します。条件不利地域の詳細については、こちらをご覧ください。

general customer service

詳細に関するお問い合わせや

ご質問がある場合は、いつでも1-800-743-5000までお電話ください。

general business

企業向けリソース

企業のお客様にも資金支援リソースがあります。


英語のみ