English     español     中文     tiếng việt     Tagalog     한국어     русский язык     Hmoob     عربي     ਪੰਜਾਬੀ     فارسی     日本語     ខ្មែរ     ไทย     Português     हिंदी

COVID-19


COVID-19屋内退避令の規定と医療機関の優先順位の変更に伴い、PG&Eのお客様は、Medical Baseline (メディカルベースライン)プログラムの加入資格を自己申告で証明できるようになりました。

  • Medical Baseline申込み用紙の全ステップに自己申告で記入してください。ステップ5 セクション3の医療従事者の署名は今回不要です。(注:今回は有資格の医療従事者の署名は不要です。)
  • 申込用紙の下部に記載されている住所宛てに、記入した申込用紙を送付してください。
  • Medical Baselineプログラムに加入して1年が経過すると、再証明が必要になります。1年後の再証明の前に、加入されているお客様にPG&Eからリマインダー通知が届きます。この通知には再証明の際に有資格の医療従事者の署名が必要かどうかについての最新情報が記載されています。

Medical Baselineプログラムの概要

Medical Baselineプログラムは、Medical Baseline Allowance(Medical Baseline手当)とも呼ばれ、ある特定の医療ニーズや自立生活のニーズを理由に電力に頼っている家庭用サービスのお客様を対象とした支援プログラムです。このプログラムでは次の2種類の支援を提供しています。


  1. 毎月の電気代とガス代に低料金レートを適用
  2. 公共の安全のための計画停電の特別事前通知

Medical Baselineプログラムと低料金レートのしくみ


家庭用サービスのお客様はすべて、お客様の料金レートでご利用いただける最低価格で、月々、割当分のエネルギー供給を受けます。これを Baseline Allowance(ベースライン割当)と言います。


Medical Baselineに加入資格があるお客様は、さらに、毎月、電気および/またはガスの追加的な割当(1か月当たり約500キロワット時(kwh)の電気および/または25サームのガス)の供給を受けます。これにより、対象となる医療機器をサポートするための、より多くのエネルギーをより低い料金レートで利用できるようになります。


ただし、Medical Baselineプログラムの加入が認められた場合も、引き続きPG&Eからの毎月の請求額をお支払いいただく必要があるので、その点をご注意ください。お支いがない場合は、ユーティリティサービスの停止につながる可能性があります。


公共の安全のための計画停電、およびMedical Baselineのお客様への追加的通知について


突風や乾燥状態に火災リスクの高まりが重なって、電気システムの一部が脅威にさらされる場合、PG&Eは安全を考慮して、火災の危険が高い地域にある電線から、またはそこを通る電線から送電されている地域で停電を実施する可能性があります。これをPublic Safety Power Shutoff (公共の安全のための計画停電)と言います。


悪天候による脅威は突然変化する可能性があります。当社は、天候に左右されますが、停電の48時間前、24時間前、そして停電直前にお客様にアラートを送信することを目指しています。このアラートは、自動化された電話、テキスト、電子メールを使って行います。通知は、電話、テキスト、電子メールでお送りします。


このアウトリーチ活動の一環として、Medical Baselineのお客様は、より多くの通知を受け取ることがあります。これには追加的な電話や訪問による通知が含まれており、お客様が確実に状況を理解し、安全確保のために準備を整えることができるようにするためのものです。Medical Baselineのお客様は、電話に口頭で応答したり、テキストメッセージへ返信することによって、通知が届いていることを知らせることが重要です。


森林火災時の安全についてはこちらをご覧ください。

アクセスや機能に関するニーズがあるお客様向けのリソース

1OF 4

加入資格の有無を調べる

加入資格を満たすには、お客様のご自宅に常住する方で、加入対象の症状がある、または進行中の症状の治療のために加入対象の医療機器の使用が必要である、あるいはその両方に該当する必要があります。

対象となる病状の例:

  • 半身麻痺、片麻痺、四肢麻痺の状態
  • 特別な加温/冷却のニーズを伴う多発性硬化症
  • 特別な加温ニーズを伴う強皮症
  • 生命を脅かす疾患や免疫不全があり、生命の維持または病状の悪化を防止するために特別な加温/冷却を必要とする病状
  • 喘息および/または睡眠時無呼吸症


対象となる医療機器の例:

  • 電動車椅子/スクーター
  • IPPB装置またはCPAP装置
  • 人工呼吸器(全タイプ)
  • 血液透析装置
  • 人工肺


対象となる医療機器の詳しいリストはこちらからご確認ください。.

2OF 4

申し込む

Medical Baselineプログラムには、オンライン申込書に情報を入力するか、または申込用紙を郵送して応募いただけます。

オンラインで申し込む:

今すぐ申し込む

申込用紙をダウンロードして印刷する:




申込用紙のステップ5は、可能な限り詳しく記入するようにしてください。注:COVID-19屋内退避令の規定と医療機関の優先順位の変更に伴い、現在は有資格の医療従事者の署名は不要です(セクション3)。

申込用紙の送付


記入済みの申込用紙の郵送先:

PG&E
Attention: Medical Baseline
P.O. Box 8329
Stockton, CA 95208

Medical Baselineプログラムの申込用紙と詳細情報を入手するには、PG&Eに電話するか 1-800-743-5000 、または オンライン連絡フォーム に情報を入力してご請求ください。

聴覚に障害があり聴覚障害者向け通信機器(TDD)をお使いのお客様は、California Relay Service (カリフォルニア・リレー・サービス)にお電話ください 7-1-1

ご注意:Medical Baselineプログラムの加入資格は、収入ではなく、病状や医療ニーズに基づくものです。

3OF 4

Medical Baseline/Life Supportの連絡先の選択

連絡先情報をオンラインで設定し、ご自宅が計画的または計画外のサービス遮断の影響を受ける場合の通知手段をご指定ください。 Medical Baseline/Life Support Contact Preference(Medical Baseline/Life Support連絡先設定)にアクセスしてください。

4OF 4

光熱費の節約を始めましょう

申し込みが承認されると、Medical Baselineの追加分として1か月当たり約500キロワット時(kWh)の電力および/または25サームのガスの供給が開始されます。